はじめに

本研究所は、イノベーションとファイナンスを同時に扱おうという野心的な研究所です。img11

日本経済及び日本企業は、最近の「失われた20年」が特にそうですが、世界の市場を圧巻するようなイノベーティブな製品・サービスの供給を、技術水準自体はとても高いにもかかわらず、うまく行い得ませんでした。

例えば、ICTではフォロワーの立場に甘んじ、先行者利益は享受できませんでした。

その理由として、金融供給サイドの問題、あるいはもっと大きく、金融政策の問題、さらには、企業内部での投資・財務の意思決定の問題、等々があるような気がしています。

本研究所は、まずこれらの諸課題に対して、グローバルに通用する処方箋を提供できないかと考えています。

一方で、直近では、ビットコイン、ブロックチェーン、 フィンテックなどの諸分野で観察されている通り、破壊的な技術イノベーションが金融サービスを、また、金融システムを、少なくとも中長期的には必ず抜本的に変容させるであろう状況になってきています。

つまり、イノベーションが、ファイナンスを変えるという、逆の因果関係にも目配りをしていかなくてはなりません。これが、本研究所の二つ目のミッションと考えています。

また、第三に、イノベーションを扱うからには、経営学及びイノベーションのためのレギュラトリー・サイエンスなど、多様なディシプリンからの考察も不可欠です。これらのディシプリンからの研究もカバーしていければと思っております。

最後に、実務家の方々のパースペクティブにも目配りしながら、グローバルにも説得力があり、また、実務的にもインプリケーションに富む研究成果を世界へ発信する研究所として、認知されていくことを目指します。

皆様から、ご支援賜われれば幸甚です。

研究所長:樋原伸彦

ページ上部へ戻る