メンバー

hibara_img

樋原 伸彦

(経営管理研究科准教授)

1988年東京大学教養学部教養学科(国際関係論)卒業、東京銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行。

世界銀行コンサルタント、通商産業省通商産業研究所(現・経済産業省経済産業研究所)客員研究員、米コロンビア大学ビジネススクール日本経済経営研究所助手、カナダ・サスカチュワン大学ビジネススクール助教授、立命館大学経営学部准教授を経て、2011年から現職。米コロンビア大学大学院でPh.D.(経済学)を取得。専門はファイナンス全般、特にベンチャーキャピタル、イノベーションのためのファイナンスなど。

http://hibara-wbs.com/


iwamura_img

岩村 充

(経営管理研究科教授)
東京大学経済学部卒業。日本銀行勤務を経て1998年より現職。

『貨幣進化論』(新潮選書・2010年)、『コーポレート・ファイナンス』(中央経済社・ 2013年)、『中央銀行が終わる日』(新潮選書・2016年)など著書多数。近著『中央銀行が終わる日』は、「中銀の景気刺激策への過度な期待は危険だと警告している」(朝日新聞書評・加藤出氏より)、「未来の貨幣の世界には様々な形があり得ることを教えてくれる」(日本経済新聞社書評・藤原裕之氏より)、「長期停滞が懸念される世界では景気対策としての金融政策に主軸を移した中央銀行の存在は終わる」(毎日新聞社エコノミスト誌・池尾和人氏より)などと評されている。 早稲田大学博士。


kawaguchi_img

川口 有一郎

(経営管理研究科教授)

防衛大学校卒業、日本大学工学修士、東京大学工学博士。計算幾何学や人工知能(機械学習)を不動産の価格評価や都市設計に応用する研究に従事。英国ケンブリッジ大学留学中に新しい実学「不動産金融工学」を創始する。

2004年より現職。東京大学、京都大学、および慶應義塾大学で客員教授を歴任。2013年Asian Real Estate Academic Society会長。2007年より日本不動産金融工学学会会長。

著書

『入門不動産金融工学』、『リアルオプションの思考と技術』(いずれもダイヤモンド社)、『不動産市場の再浮上の条件』、『不動産マーケットの明日を読む』(いずれも日経BP社)、『不動産金融工学』、『不動産エコノミクス』(いずれも清文社)、”International Real Estate; An Institutional Approach”(Oxford; Blackwell Publishers),翻訳書には『リアルエステート・ファイナンス』、『不動産投資ゲーム』(いずれも日経BP社)など多数。

論文

Kawaguchi, Y. jointly with S. E. Ong and J. T. L. Ooi, 2011,”Seasoned Equity Issuance by Japan and Singapore REITs,” Journal of Real Estate Finance and Economics, Volume 43, Issue 1-2, pp. 205-220

Kawaguchi,Y. jointly with  H. Seya, M. Tsutsumi, and Y. Yoshida, Procedia 2011,“Empirical Comparison of the Various Spatial Prediction Models: in Spatial Econometrics, Spatial Statistics, and Semiparametric Statistics,” – Social and Behavioral Sciences, Volume 21, pp. 120–129,.

Kawaguchi, Y. and K.Tabata,2013 ”Real Estate Business Cycle”, Asian Real Estate Association, Annual Meeting.

大高正明・川口有一郎.2010.“カウンターパーティデフォルトリスク存在下での不動産スタップのプライシング”ジャレフ・ジャーナルNo.4, 21-34

谷山智彦、本間 純、川口有一郎,2013,“不動産市場における情報伝播、-価格先行指標としてのニュース記事とインターネット検索量-“. . ジャレフ・ジャーナルNo.7, 1-16

Tabata, Katsuchi., and Yuichiro KAWAGUCHI ,2015,” Long-term stagnation and Japanese macro economy”, JAREFE Journal (Forthcoming)

 


iriyama_img

入山 章栄

(経営管理研究科准教授)

慶應義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修士課程修了。
三菱総合研究所で、主に自動車メーカー・国内外政府機関への調査・コンサルティング業務に従事した後、2008 年に米ピッツバーグ大学経営大学院より Ph.D.を取得。
同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクール助教授。 2013 年より現職。
「Strategic Management Journal」「Journal of International Business Studies」など国際的な主要経営学術誌に論文を多数発表

―著書
『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版)
『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』(日経 BP 社) 他

ページ上部へ戻る